保健師のブランクからの復職は可能?

保健師のブランクからの復職は可能?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師は以前看護師として働いていた人が、さらに上のキャリアを目指しての転職だったり、看護師とは違う立場から医療と接したいと願う人が保健師を目指す人が多いです。

女性の場合、結婚や出産を機に一度離職する人もいます。その後、環境が落ちつたあとに職場復帰の場に保健師を目指す人もいます。ここで不安になるのはブランクではないでしょうか。こういった専門職の場合、ブランクはときに大きな障害となってしまいます。医療技術の進歩は目覚しく1年も経てば新しい技術や医療器具も増えていきます。そういった進化に順応していかなくてならない不安はブランクのある人にはつきものです。

最近ではそういったブランクのある保健師、求職者を対象に勉強する研修制度を取り入れているところも多く、ブランクがある保健師をしっかりサポートする体制作りが行われています。逆に言えば、それだけ保健師の需要が高いということなのでしょう。離職者だけでなく育児休暇で1年ほどブランクがあいてしまった後の復帰も何かと不安があるといいます。そのためか、休暇中であっても定期的に職場を訪問し常に新しいものチェックし、復帰に備えての勉強をする人、育児休暇期間を途中で返上して職場復帰する人も珍しくありません。

ブランクがあるからといって保健師の仕事が出来ないわけではなく、ブランク者であっても安心して仕事が出来る職場探しをサポートしてくれる場があります。それは転職支援サービスや人材紹介サービスです。こういったところでは安心して就職できる環境づくりや求職者の相談や悩みを解決に導いてくれます。また、医療関係の求人を専門に取り扱うサービスなので豊富な求人があつまり、希望の条件の職場を探すこともできます。登録しておくことで希望条件の求人が出た際にはいち早く紹介を請けることができますし、貴重な情報を逃すこともありません。

最近では復職者のサポートなど教育体制の整った施設が増えていますので、復職に不安が有る人はこういった体制の整った就職先を選ぶと良いでしょう。せっかくの国家資格を無駄にするのは勿体ないです。ブランクを恐れず一線で活躍していきましょう。貴重な求人情報を逃さないためにも、転職支援サービスを上手に利用していきましょうね。

保健師求人サイト人気ランキング