英語が生かせる保健師求人は?

英語が生かせる保健師求人は?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師は産業保健師や行政保健師、学校保健師などといった働き場所があります。保健師の仕事としては健康診断や集団検診、怪我などの応急処置などがと言われています。

保健師の中には英語に堪能な人もいて、得意な英語を保健師としての仕事に役立てたいと願い、転職を希望する人もいます。保健師の仕事で英語が生かせる場があるのか?と疑問に思う人もいると思いますが、これが思いのほか英語が必要とされることが保健師でもあるのです。例えば、産業保健師の場合、英語が堪能だと外資系企業への就職という選択肢が出てきます。

最近は日本国内にも外国からの移住者、帰国子女などが多く、あらゆる場において英語力が求められることが多いといいます。英語は世界共通語であるため、英語が出来ることで必要とされる場が多くなり転職や就職時にも有利になると言えます。産業保健師以外にも行政保健師の場合ですと、数こそは稀ですが入国審査官の保健師の求人も最近では見かけるようになりました。

しかし保健師もそう簡単になれるものではなく、国家公務員の試験に合格したものが採用条件になる所もあります。入国審査官の保健師などはまさに国家公務員資格が必須です。同じ保健師であっても職場によって必要とされるスキルやあれば有利なスキル、資格なども違ってくるということですね。学校保健師でもインターナショナルスクールなどでは必ず英語が必須となるため、英語が出来る産業保健師の需要が高いです。

このように、保健師として英語を生かせる職場は沢山あります。また英語が出来ることは自分にとってもプラスとなり有利な条件になることは確かです。ではこうした英語が生かせる保健師の求人はどこで探すのか?HPやハローワーク以外に保健師の求人情報を得るにはやはり転職支援、人材紹介サービスへの登録がおすすめです。転職・人材商会サービスへの登録、利用は無料で行えますし、登録しておけば希望条件の求人が出た際に情報をいち早く入手することができます。また人気の高い案件など非公開情報も登録しておけば情報を得ることができます。

忙しい人でも登録しておけば英語が生かせる保健師求人の情報を効率よく、無駄な時間を割くことなく得ることができます。また、専任のアドバイザーによって転職、就職までをしっかりサポートしてくれます。疑問や悩みの相談にものってもらえたり、履歴書や経歴書の書き方も丁寧に指導し、面接に受かるようアドバイスも受けられます。貴重な求人情報を逃さないためにも、こういったサービスをしっかりと利用していきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング