保健センター・保健所の保健師求人は?

保健センター・保健所の保健師求人は?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師としての働き場所は主に、学校や保健所といった場所となり、健康診断や集団検診、怪我などの応急処置などの仕事をしています。

最近は高齢化社会が進み、老人福祉施設等も増えたことで、保健師としての働き場所として、こういった福祉施設を希望する人も増えてきました。保健師は企業や学校、行政など様々なところで必要とされている人材なのです。では保健師はどういった経由で資格をえるのか?多くの保健師は看護師から保健師の資格を得る場合が多いです。看護師も元は国家資格からなるものです。つまり保健師はわかりやすく言えば看護師のさらに上の位にある資格といえば分かりやすいでしょうか。

保健師としての働き場所に保健所や保健センターがあります。ここでの仕事は病気や怪我の治療を行うのではなく、怪我や病気の予防に力を注ぎ、地域医療の改善、公衆衛生の改善に努めることが保健師としての役割となります。まさに保健所や保健センターでの保健師は地域に密着した業務といえます。予防接種、保健指導、乳幼児健診、発達相談なども保健師としての仕事となり、そのほかエイズをはじめとする感染症の検査も保健師の仕事です。保健所や保健センターで働く保健師は非常に重要な任務を担っており、仕事としてはハードな職種と言えます。

大きな保健センターともなると、救急や休日診療の対応を行うところもあり激務となります。しかし保健所や保健センターで働く保健師は保健師の中でも仕事量が多く、やりがいの面からみて文句なしの職業といえるでしょう。保健師の役割は多岐にわたっており、保健所においての保健師の需要は高まるばかりです。

保健所や保健センターで働く保健師は行政保健師となります。行政保健師は地域住民に密着した仕事であり、福祉サービスや自治体などの機関と取り組む、重要な役割を担った保健師といえます。保健師の中でも行政保健師は人気が高く、保健師資格を得る前からこの職に尽きたいと志望する人が多いそうです。しかし、働いてからこんなはずじゃなかったと後悔しないためにも、職に就く前にしっかりと保健所や保健センターで働く保健師の役割について認識しておく必要があります。

保健所や保健センターで保健師として働くためには求人情報が有利に得られる転職支援サイト等へ登録しておきましょう。こういった人材支援サービスでは求人から転職、就職までをしっかりサポートしてくれます。どうやれば保健師として働けるのか、どういった職場が自分にとってベストなのかなど、疑問や質問を解決する糸口となってくれるはずです。

保健師求人サイト人気ランキング