保健師とは

保健師とは?

保健師は保健師助産師看護師法に基づいた国家試験に合格することで得られる国家資格で、一番基本的な業務は保健指導への従事になります。

 

保健師は国家試験に合格しないと名乗ることができませんが、一方保健師以外の方が保健指導を行うことは問題になりません。特に医師・看護師・養護教諭といった方が職場で健康指導にあたったり健康相談を受けることは非常に多くあるでしょう。

 

保健師の方が働く職場は多数ありますが、基本的には「企業保健師」「学校保健師」「行政保健師」の3つとなります。

 

その他、保健師という立場を生かして介護関係の施設で老人福祉の提供を手助けする保健師の方などもいらっしゃいます。保健師免許をとるためには看護師の国家試験にも合格する必要があるため、保健師という資格をプラスアルファの強みとして看護師として働くこともできます。

 

企業保健師は、その企業で働く労働者の健康管理を行い、可能な限り労働者が気持ちよく健康的に働くことができるようにするようサポートを行います。
かつては労災の予防や急病やケガの手当といった役割を求められることが多かったですが、最近はこの企業保健師の役割も大きく変化しています。生活習慣病を防ぐこと、メンタルケアを行うことといった総合的な健康管理が会社も求められるようになっていますから、保健師の方もより活躍の場が広がっています。それだけ需要も増えているということで、企業保健師の方の求人は全国で出されていますよ。

 

学校保健師はいわゆる養護教諭が中心で、養護教諭は保健師免許が必須というわけではありません。しかしやはり保健師免許を持っているということは養護教諭の仕事をしていく上でも大きな強みとなり、保健師の方が活躍していることも非常に多いです。養護教諭ではなく大学・専門学校などの学校保健師は学生や職員の健康管理が主な仕事となるため、比較的企業保健師に近い働き方をするといえるでしょう。

 

行政保健師は保健所や市町村で地域住民の健康増進のために働くこととなり、妊娠している・もしくは乳幼児の母子の健康や老人福祉など取り組むべきことはたくさんあります。国や自治体の医療・福祉サービスと民間の機関、そして地域住民との間で調整を行うことも行政保健師の大切な役割となります。インフルエンザやエイズなど、病気の拡大予防といった役割も保健所保健師には求められています。それだけ重要な役割を担う行政保健師、保健師資格を保有する前から志望される方も多い職業です。

保健師求人サイト人気ランキング