保健師のやりがい

保健師の仕事のやりがいは?

一般的に「保健師」と言われる行政保健師は日本全国で5万人弱、この数は日本全体でみると決して多い人数ではありません。「看護師」として働いている方は80万人規模、結婚して看護師の資格を持っていながら働いていない方などを入れるともっと多くいらっしゃいます。

 

そのため保健師という職業は比較的一般的なイメージがしにくく、あまり多くの方はその仕事内容について理解していないことが多いように思えます。保健所で働いている職員、もしくは学校の保健室の先生といったくらいのイメージでしょうか。

 

しかし、保健師は地域や組織の中で健康管理や健康増進に寄与する非常に責任ある重要な職業です。
保健師として働いている方の一番のやりがいも、やはり直接人とふれあって健康の役に立てるというところが大きいようです。もちろんこのやりがいは医師や看護師・介護ヘルパーといった人たちと共通するものですが、保健師の方の場合は保健指導などについてスペシャリストであることが望まれます。

 

すでに病気やけがなど健康に問題を抱えている方を治療するのではなく、保健指導などで「予防」に寄与できるのが保健師の大きな仕事です。
「病気が治る」といったわかりやすい結果が出る職業ではありませんが、やはり直接話をした方が健康に暮らしているのを見られるのは嬉しいものでしょう。これは行政保健師だけでなく、学校保健師や企業保健師などすべての保健師に共通するやりがいではないかと思います。

 

行政保健師として働く方の場合、あまり地域住民とふれあう機会が多く持てないためやりがいが感じにくいということがあるかもしれません。また、健康増進に関する各種対策を立てるといった比較的「地味」と感じられる仕事を任される場合もあるでしょう。しかし、健康を支える「裏方」としての自負を持てるのであればやりがいは大きなものとなるはずです。

 

もちろん、企業保健師や学校保健師などでもっと多く健康相談・健康指導の仕事がしたいといった希望があっても不思議ではありません。
転職して保健師としての仕事の幅を広げたい、もっと違う形で健康増進に貢献したいという方は転職支援サイトを利用するのも手です。

 

企業保健師や医療機関の保健師は非公開求人として出されることも多いですが、転職支援サイトであればそういった求人情報もしっかり保有しています。仕事内容や勤務条件にこだわって転職したいのであれば、なおのこと転職支援サイトの利用に意味が出てくるのではないかと思います。

保健師求人サイト人気ランキング