病院の保健師求人は?

病院の保健師求人は?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師としての働き場所は主に、学校や保健所といった場所となり、健康診断や集団検診、怪我などの応急処置などの仕事をしています。

保健師としての働き場所は上記以外にも病院があります。もともと保健師は看護師として働いていたというキャリアを持つ人が多と言います。保健師は看護師よりもキャリアアップを希望し、もう少し違った角度から医療という仕事に従事したいと願う人が多いのかもしれませんね。

病院の保健師として働く場所を希望する場合、多くは病院併設の健康診断センターや健康管理室での勤務です。病院で働く保健師の場合は、保健師でありながらも看護師としての業務も任されることを承知の上働かなければなりません。

正直、保健師としてのキャリアアップを望んでいる人にとっては、看護師としての業務は出来れば避けたいものかもしれません。看護師として必要とされれば、そちらの仕事で手一杯になることもあり保健師としての業務に差し支えるからです。そのため、病院での保健師勤務の場合、看護業務を併用しない、保健師業務のみを任される職場に人気が集中しているそうです。

本来ならば病院で働く保健師は看護師と区別されなくてなりませんが、現状は保健師として就職しても看護師資格を保有していれば看護師としての仕事を任される職場も多いといいます。また採用の条件に看護師免許保持者とするところも多いのかもしれません。就職してから、こんなはずでなかったのにと後悔しないためにも就職先選びは重要で良い求人を見極めることも大切なのです。

病院での保健師は重要な仕事を担う職業であり、誰もが簡単になれるといった職業ではありません。看護師としてもしっかりとしたキャリアを積んだ人が次なるステップアップの場として目指す職業なのかもしれませんね。病院の保健師として働くためにはまず求人情報が有利に得られる転職支援サイト等へ登録しておきましょう。こういった人材支援サービスでは求人から転職、就職までをしっかりサポートしてくれます。どうやれば保健師として働けるのか、どういった職場が自分にとってベストなのかなど、疑問や質問を解決する糸口となってくれるはずです。

保健師求人サイト人気ランキング