保健師の勤務時間

保健師の勤務時間はどれくらい?

行政保健師の方の勤務時間は、他の公務員と基本的に全く同じであるため8時から17時となります。休日も完全にカレンダー通り、休日出勤が発生するということはほとんどないでしょう。

 

部署によっては残業が発生することもあり、自治体によっては忙しい職場である程度の残業を覚悟しなければいけないこともあるでしょう。学校保健師(養護教諭)の方の場合も、公務員と同じく学校の時間割に合わせて8時間勤務が続くことになります。休み時間などについても、学校の時間割に合わせてばらばらとなります。

 

企業保健師の方も、基本的には月曜日から金曜日という一般的なカレンダー通りの出勤が基本となります。他の社員と同じく、8時から9時ごろに出勤し退勤時間は17時18時くらいというのが普通でしょう。

 

残業時間や残業が発生する頻度は企業によって全く違いますので、一概にはいえませんが保健師としての業務以外を任されていないのであればあまり多くなることはないでしょう。

 

今まで見てきた働き方については、どれも日勤が普通の方になります。医療関係や介護関係の職場で働かれる看護師の方は、休みがカレンダー通りでなかったり夜勤が発生することも考えられます。

 

今までカレンダー通りの職場で働いてきた方にとっては、少し戸惑いがあるかもしれません。24時間事業を続けなければならない介護関係の職場などでは、8時間程度の勤務がシフト制で組まれることもあります。

 

完全シフト制の職場の場合、あまり残業などは多くならないと思います。ただし患者さんや介護を受ける方のニーズにこたえる形で、勤務時間外に突発の対応をせざるを得ない場面はどうしても生じてくるでしょう。

 

看護師や医師といった職業に比べると、保健師という職業は勤務時間が一定しています。夜勤などもほとんどの方はあまり行うことがないため、自分の時間は比較的持ちやすいのではないかと思います。

 

もし保健師として勤務時間や給料などについて不満がある、あるいはキャリアアップしたいという方は転職支援サイトへ登録するのはいかがでしょう。給料や勤務時間、休日といった言い出しにくい諸条件も転職エージェントの方が交渉を担当してくれ、希望条件に沿った職場探しが行えます。

 

20代の若い方から、ライフスタイルに合わせた働き方を考えたいベテランの方まで登録を受け付けています。特に多くの方が気にしている、仕事内容や職場の雰囲気といったことも転職前に詳しく情報を得られるのはありがたいことです。

保健師求人サイト人気ランキング