保健師の借上げマンション・住宅手当

保健師の借上げマンション・住宅手当

保健師は、職場によって住宅手当がついたり借り上げマンションという福利厚生がつくことがあります。住宅手当とは、住宅費用(家賃など)の一部を負担してもらえるもので、職場によっては毎月全額を負担してくれる場合もあると言われています。また、借り上げマンションとは自分が勤務している会社が借主となっているマンションを格安で借りることが出来るというものです。この場合、会社が指定しているマンションに住むことになることが一般的ですが、中には予算内であれば自分の好きなマンションを選べるという場合もあるようです。

 

こうした住宅手当や借り上げマンションなどは福利厚生のうちの一つとなっています。福利厚生とは本来得られる給与以外に毎月得ることが出来る援助サービスのことです。福利厚生にも法律で定められているものと各企業などが任意で定めているものとが存在し、前者は厚生年金や雇用保険、健康保険などで後者は住宅手当・借り上げマンションなどの住宅補助や通勤手当、財形貯蓄などとなっています。こうした福利厚生のサービスについては各企業によって違ってきますが、あるとないとでは全くメリットが違ってきます。特に借り上げマンション・住宅手当のような住宅補助に関しては月々の負担を減らすことにもなりますので、転職先を選ぶ際には福利厚生の内容もしっかりとチェックしておきたいものです。

 

さて、このような福利厚生が最も充実している職業とは、一体何なのでしょうか?最も一般的なのが、公務員と言われています。そのため、保健師として活躍する場合、福利厚生を重視するのであれば行政機関や保健所、学校など公務員として働くことが出来る場所を選ぶことで住宅補助などを受けることが出来る場合が多くなるでしょう。場合によっては家賃の負担が1割から2割程度にまで軽減される場合もあり、尚且つ通勤にも便利という場合も多いので、非常に快適な生活を送れることになるはずです。

 

しかしながら、一般企業の場合は福利厚生でこうした住宅補助を受けられる可能性が少ないので注意しましょう。有名企業のように上場しているようなところであれば、こうした福利厚生を完備している可能性も高いですが、実際には住宅補助を削っている企業が少なくないというのが現状でもあります。このような現状から、一般企業の場合は採用の基準の中に自宅通勤者であることを優遇していたりすることも多く、社員と会社双方の経営バランスを考えているところが多くなってきています。

 

こうした福利厚生のことをチェックするためにも、転職サイトは非常におすすめです。担当のコンサルタントの方と自分が求めている福利厚生はどのようなものか、などを相談しながら、より快適に仕事のできる転職先を探していくと良いでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング