保健師と看護師との違い

保健師と看護師との違いは?

保健師も看護師も、保健師助産師看護師法に基づいた国家資格になります。保健師は看護師の国家試験に合格した上でさらに、保健師養成課程を経たうえで保健師国家試験をパスする必要があります。
そのため保健師の方が看護師として活躍することも可能ですが、保健師の方の主な業務は保健指導を行うことになります。

 

一方看護師の方は、主に医師の方が診療行為を行う際にその補助を行うことが主な役割となります。もちろん患者さんに適切なアドバイスを行うこともありますが、基本的にはそれは診察や処置の際にあわせて行う行為となるでしょう。

 

保健師という資格は国家試験に合格しなければ名乗ることはできませんが、保健師の役割とされている保健指導は保健師でなければ行えないということはありません。病院で看護師の方が、適切な形で患者さんに日常生活における健康指導・衛生指導などを行うことはできます。

 

保健師と看護師の違いとしては、働く職場も異なってきます。看護師の方の場合、働く場所はほとんどが医療機関でありその他に求められる職場は福祉関係の施設となるでしょう。老人ホームなども、最近は看護師資格を持っている方を広く募集しています。

 

一方保健師の方は、あまり病院で働くということはありません。病院によっては入院患者や外来患者、そしてそのご家族などに健康指導や健康相談を実施するため保健師の方が在籍しているところもあります。
しかし保健師の方が活躍するのは、役所や保健所、保健センターといった行政機関や一般企業、そして学校が主な場所となります。

 

保健師の方はそういった場所で、地域住民や労働者、そして学生の健康管理や健康増進のために働いていくことになります。学校の養護教諭などであれば、時には怪我や急病の応急処置などをしなければいけないこともあります。一方で企業保健師や行政保健師の方は、非常に様々な業務を行う可能性があります。企業保健師の方であれば、従業員の健康状況などについて書類をまとめるといった普通の「社員」としての働きも必要となることがあるでしょう。

 

看護師も保健師も地域にとって欠かせない非常に大切な職業で、どちらも直接地域住民の方と接する機会のあるやりがいのある職業です。
保健師の方は中でも、保健指導などといった形で地域医療に貢献する専門性の高い職種であるといえます。医療知識はもちろん地域看護・福祉サービスなどについても幅広い知識が求められる難しい仕事でもあります。

保健師求人サイト人気ランキング