転勤なしの保健師求人は多い?

転勤なしの保健師求人は多い?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師は産業保健師や行政保健師、学校保健師などといった働き場所があり、公務員に準ずる待遇となるため将来的にも安心で、収入も安定した魅力的な職業といえます。保健師の仕事としては健康診断や集団検診、怪我などの応急処置などがと言われています。

保健師は看護師から転身してくる人が多いといいます。その目的はスキルアップであったり、看護師とは少し違った落ち着いた環境での仕事、安定を求めたり、違った角度から医療を向き合いあって生きたいという気持ちから保健師を目指すようです。保健師には看護師にはない国家公務員ゆえの「転勤」がどうしても意識されます。各都道府県にある保健所などに勤務する場合は地方への転勤を命じられる場合もあります。この転勤が原因で退職を考える保健師もいるといいます。実際結婚して子供もいるような人にとって転勤は簡単なものではありません。

保健師として働くにはこういった転勤のケースも頭に入れておく必要がありますが、求人の段階から転職の有無をきちんと確認した上で入社していればこういったトラブルも未然に防ぐことができます。就職後に「話が違う」といったトラブルが起こらないように、初めから転職なしの保健師求人を探して就職先を決めていきましょう。しかし、国家公務員で転職のない保健師としての求人があるのか?ということですが、これが以外にも探せばあるものです。

求人の条件に転職の有無を記載しているところも多くあります。そのほか、転職先もあらかじめ転勤があまりないような病院や企業保健師としての求人を選ぶのも一つの手段です。ただし企業保険の場合は転勤がない分、1日や2日程度の出張は強いられるかもしれません。全国に支店をおくような大企業ともなれば尚更です。求人探しは就職後の条件の確認がとても大切になってきます。

転勤の無いことが条件の保健師求人を探すには転職支援サービスがおすすめです。事前の情報収集がしっかりとでき、豊富な求人は勿論サービスも充実しています。転職・人材商会サービスへの登録、利用は無料で行えますし、登録しておけば希望条件の求人が出た際に情報をいち早く入手することができます。また人気の高い案件など非公開情報も登録しておけば情報を得ることができます。

HPやハローワークでも求人探しは出来ますが、転職支援サービスほどの詳しい情報収集は正直難しいでしょう。就職後に後悔しないためにも、求人の段階でしっかりとし職場探しをしていきましょう。忙しい人でも登録しておけば非転勤なしの保健師求人の情報を効率よく、無駄な時間を割くことなく得ることができますし、専任のアドバイザーによって転職、就職までをしっかりサポートが受けらます。履歴書や経歴書の書き方も丁寧に指導してもらえ、面接に受かるようアドバイスも受けられますので是非転職支援サービスを上手く利用していきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング