正社員の保健師求人事情は?

正社員の保健師求人事情は?

保険師とは保健指導にあたる者のことを指し、国家試験に合格し、厚生大臣の免許を受けた者ができる職業です。保健師としての働き場所は主に、学校や保健所や企業といった場所となり、健康診断や集団検診、怪我などの応急処置などの仕事をしています。

最近ではメンタルケアを重視する企業も増えており、そういった場所でのカウンセリングなども保健師の仕事としているような企業もあります。保健師としての働き場所は上記以外にも病院があります。もともと保健師は看護師として働いていたというキャリアを持つ人が多と言います。結婚や出産を気に一度一線を退いた女性が再び働く場合に、次は保健師として働きたいと希望するといった人も多いようです。

正社員の保健師として働きたい場合は雇用条件等をしっかり調べた上で職探しをしなければなりません。保健師は大きく分けて産業保健師、行政保健師、学校保健師の3つに分かれます。このうち産業保健師はいきなり正社員で雇用するというより、バイトやパートとしての求人が多い傾向にあるからです。保健所や学校となれば、正社員としての保健師の募集もそれなりに増えてくるのではないでしょうか。

条件として試験期間を経た上で正社員として雇用するような企業もありますが産業保健師としていきなり正社員採用という求人は多くはありません。正社員は契約社員やパートに比べて雇用条件もよく給与面、休日面も安定していることが一番のメリットです。正社員の保健師として雇用を望むのであれば行政か学校保健師が選択肢に入ると思いますが、行政保健師は地方公務員試験に合格、学校保健師は教員採用試験等のクリアの条件を伴う場合もあるそうです。

また、行政や学校の保健師はよほどの事がない限りは募集時期が限定されているようで、この時期の求人を逃せば次の時期まで待つことになります。実際、需要の面からみても、求人数もそう多くないため倍率も高いと言われています。その点、産業保健師の場合は時期に関係なく求人募集があるので、就職先として選びやすいといえます。将来的に正社員として雇用してもらえる可能性があるならば、産業保健師として働くことも正社員への近道といえるのかもしれません。

では貴重な正社員の保健師求人の情報を得るためにはどうしたら良いのか?正直、ハローワークや一般の求人情報でこの手の保健師求人情報を入手するのは難しいと思います。そこでおすすめなのが転職支援サービスへの登録です。転職支援サービスでは求人から転職、就職までをしっかりサポートしてくれます。また希望の雇用条件にあった求人が見つかればすぐに教えてくれるので貴重な求人を逃すことがありません。また忙しい人でも効率よく求人情報を得ることができますので正社員の保健師求人探しのために是非利用していきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング