臨床経験が少なくて転職できる職場は?

臨床経験が少なくて転職できる職場は?

Q.臨床経験が少なくて転職できる職場は?
A.どこでもオッケー

保健師は行政であろうと産業であろうと、狭き門です。求人も少ないですが、その少ない求人に多くの優秀な保健師が集まってくるので、激戦になります。
そこで、自分を少しでも有利に見せようと臨床の経験を積む人もいますが、逆を言えば臨床の経験が少ないと、ハンデになるのでしょうか?

臨床の経験は、保健師採用にほとんど影響しない

結論から言いましょう。臨床経験の有無は保健師採用の合否に、ほとんど影響を与えません。単に社会経験があり、コミュニケーション能力があると評価されるだけです。なぜでしょうか?
理由は、保健師に求められる能力が、臨床現場の看護師に求められる能力と全く異なっているからです。臨床の経験が5年あったとしても、保健師になれば完全に初心者として扱われます。

厚生労働省が作成した新人看護職員研修ガイドライン〜保健師編〜をチェックしてみよう

厚生労働省が作成し、各保健所などに配布している新人研修ガイドラインがあります。そのガイドラインには新人保健師をどうやって教育して行くかが書かれていますが、その中には保健師に求められる能力が事細かに書いてあります。例えば、必要な専門能力として、

地域診断能力
個人、家族支援能力
集団支援能力
連携、調整、社会資源活用能力
保健福祉事業運営能力
企画・立案・評価能力
健康危機管理能力
調査研究能力

という項目があります。知識ではなく、家庭訪問や保健指導、関係者、関係機関との連携、事業運営計画などの実務能力が求められます。この中に、臨床現場の経験が直接的に役立つ領域があるでしょうか?遠因として役立つ経験はあるにせよ、全員が1から改めて研修と訓練を受けなければいけない領域ばかりです。結局全員が研修をみっちりと受けなおす以上、臨床の経験の有無は、決定的なメリットにもデメリットにもならないのです。

臨床の経験がなくても、産業保健師、行政保健師のチャレンジは問題なし!

仮に臨床の経験が全くなくても、あるいは1年未満など少なくても、保健師の就職試験には大して影響を与えません。むしろ、保健師に合格するまでチャレンジし続ける頑張りの方が重要です。
ぜったいに保健師になりたい!という想いを武器に、勉強を続けて下さい。そして保健師の役割とは何なのか、その役割を実現するにはどんな能力が必要なのかをじっくりと考えて、その能力の獲得を目指しましょう。別に、臨床経験の有無だけが、武器になるわけではありません。

保健師求人サイト人気ランキング