保健師のストレス

保健師のストレス

近年の日本はストレス社会といわれており、どの職に勤めていてもストレスと背中合わせの生活を強いられている人は多いことでしょう。保健師として活躍している方々の中でも、ストレスを悩みの一つとしている人も少なくありません。それでは、保健師として活躍している人たちが抱えているストレスとは一体どのようなことに関係しているものなのでしょうか?

 

保健師のストレスは、職場の環境や仕事の内容から来ていることが多いようです。保健師として活躍している人の中には、せっかく保健師として就職できたはずなのにいざ仕事が始まると保健師としての仕事は一切させてもらえず、事務仕事や雑用ばかりだった…など、自分が想像していたような保健師の仕事をすることが出来ずにストレスがたまって行ってしまうということもあるようです。また、そう言った場合には上司からの命令となっていることも多く、抗議したくても出来なかったり、したとしても受け付けてもらえなかったりするため、どんどんストレスをためていく結果となってしまうことになります。

 

また、行政保健師の場合は家庭訪問が仕事の一つとしてありますから、ここでストレスが発生してしまうことが多いようです。保健師は乳児を抱える家庭への訪問を仕事としていますが、迷惑がられて嫌な態度を取られてしまったり、失礼なことをしてなくても苦情の電話を入れられてしまうこともあるため、そう言ったストレスが積み重なってしまうこともあります。

 

近年では幼児虐待などが増加しているということもあり、乳児を抱えていて何かしらの問題が発覚した家庭には積極的に訪問していかなければならないこととなっています。しかしながら、その場合は居留守を使われてしまったり、文句を言われてしまうということも多く、そういった過酷な現状が保健師の方々のストレスとなっているのも問題の一つです。

 

また、病院や福祉施設でもストレスを抱えてしまう場面は少なくないようです。病院などでは保健師の立場というものがきちんと理解されてないこともあり、それによって保健師の人たちがストレスを感じることになっている場合もあるといわれています。近年注目されている保健師ですが、看護師などから比べるとまだまだ認知度も低いので、保健師の役割などをしっかり把握できていない人も多いようです。そうした状況から、ストレスを抱えることに繋がってしまう保健師さんも少なくないようですね。

 

このように、保健師はストレスを抱えてしまうことになることも多い職であると言えるかもしれません。どうしてもストレスが多く、転職したいと考えた場合には転職サイトを利用すると良いでしょう。転職サイトでは、保健師の転職を様々な面でサポートしてくれますし、保健師に対して理解が深い職場はどこであるか、など一緒に見つけて行ってくれますので非常に心強いです。一人で悩まず、是非転職サイトでコンサルタントの人に相談してみてくださいね。

保健師求人サイト人気ランキング