保健師の転職のポイント

保健師の転職のポイント

保健師には、学校で活躍する場合や市区町村など地域の保健所などで活躍する場合、さらに産業保健師として活躍する場合など様々なパターンが存在します。このようなメジャーな活躍の場所以外にも発展途上国で現地の人々の感染症対策をはじめ衛生教育などを行って活躍する保健師の人も少なくありません。

 

さて、そのような様々な活躍の場を持つ保健師ですが、転職の際のポイントとは、一体何なのでしょうか?ここでは、保健師転職のポイントについてを簡単にご紹介していきたいと思います。

 

まず、国家資格である保健師の資格は取得するためにも、努力が必要となってきます。重要なのは、保健師の資格を取得するにはまず、看護師の国家試験に合格していなければならないという前提があるということ。この看護師資格を取得した上で、1年以上保健師養成課程を修了していなければ、保健師の国家試験の受験資格を得ることはできません。しかしながら、近年では保健師・看護師総合カリキュラムを大学によっては受けることが出来るようになっており、これを4年間受けることで両方の受験資格を一緒に得ることが出来る…ということも可能となっていると言われています。

 

さて、保健師の転職の理由には、どのようなものがあるのでしょうか?保健師に転職する理由として最も多いと言われているのが、保健師は看護師の業務とは違って、業務を自分の責任で行っていくことが出来るから…ということです。勿論、その他にも収入アップを目指して転職を考える人もいたり、夜勤業務を避けるために転職を考える人もいるなど、様々な理由がありますが、とにかく保健師転職を目指す人の中には看護師から保健師へ…と考えている人も少なくありません。そのため、看護師の時に医師の指示に従って業務をこなしていた経験から、医師の指示によって働くのではなく、自分の判断で仕事をしていくことが出来る保健師に憧れを抱くのかもしれませんね。

 

このように、保健師への転職を希望する人も多いため、保健師の求人は非常に高い人気を誇っています。一般の求人情報はもちろん、ハローワークのものもすぐに採用が決まってしまうというほど。そのため、効率よく転職先の案件を見つけていくためにも、保健師の転職サイトを有効に活用していくことをおすすめします。保健師の転職サイトであれば、ハローワークなどの求人情報を公開しているところ以上に保健師関連の求人情報が豊富ですので、自分の条件に合った求人も見つけやすいですよ。

 

保健師求人サイト人気ランキング