保健師とうつ

保健師とうつ

人々の健康を気遣い、健康管理や健康促進などに関して活躍している保健師ですが、その保健師自身がうつ病に苦しめられることになってしまうことも、最近では多くなってきているようです。一般の人々と違って保健師は、健康に対しての知識が高く病気にはなりにくいイメージを持っている人も少なくないと思いますが、保健師がうつ病になってしまいやすい理由には、保健師がこなすべき業務の内容にヒントが隠されています。

 

保健師がこなすべき業務には、責任が問われるものが多くあります。つまり、保健師一人一人が責任を持ってそういった業務に勤めているということが多いのです。そのため、そうした責任感が積み重なり、ストレスになり…と、どんどん行き詰ってしまうことも十分にあり得るのです。

 

まず、法律はどんどん変わっていくため、新しい情報を身につけていくために気を付けていなければなりませんし、人々の健康促進や健康管理を担っている以上自分が必ず健康でなければ…というプレッシャーも受けやすい状況にあります。また、経験豊富であることも重要なこととなってくるので、そうしたプレッシャーもかかってくることになるでしょう。こうした状況から、より真面目に業務に取り組んでいる保健師の方ほどうつ病などの精神疾患にかかってしまいやすいのです。

 

また、こうした保健師のうつ病は業務からくるだけではありません。職場の人間関係などからも、うつ病となってしまう保健師の方も多いのが現状です。たとえば、上司や同僚たちとうまくいかなかったり、パワハラなどの被害に合っていたり…といったことから、うつ病を発症してしまうケースも少なくありません。

 

それでは、このようにうつ病となってしまうことを防ぐには、どうすればよいのでしょうか?現代のストレス社会では日々ストレスをためることも多く、それらを全て発散させていくのはなかなか簡単なことではないかもしれませんが、自分の健康を維持していくためにもストレスコントロールが出来るように意識していくことが重要です。また、職場の人間関係がどうにもうまくいかないのであれば、転職を考えてみるなどして、うつ病にかかってしまう前に自分の環境を変えていくのも大切なことと言えるでしょう。

 

このようなうつ病の問題は、近年どの職業であっても深刻な問題となっています。そのため、転職サイトではこうした悩みの相談についても受け付けているところが多いので、うつ病になってしまう前に、悩みやストレスなどはコンサルタントの方に相談して正しい解決策を見つけていくように心がけていきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング